あさのブログ

-アラサーが綴るちょっとだけ為になるサイト-


独り言(日記)

スマホをやめるには?やめたい!夜・寝る前のアプリTwitter漬けの毎日

投稿日:2016年12月17日 更新日:

スマホって便利。
連絡手段としてはもちろんちょっとした調べ物をした時、今日の夕飯のレシピなんかもササッと検索出来る。

今日の天気、占い、路線案内なんでもござれ。

そんないつも一緒のスマホ。
気付いたらTwitterやフェイスブックと言ったSNSのチェック。
12時からはイベントがあるからそれに合わあせて行動。
イベント最中にライン通知がきて返信しなきゃ…。

…なんて事をやっていた毎日流石にスマホに疲れてきました。
筆者も困っているこのスマホ中毒状態。

今回はそんな状態から脱する方法を考えてみました。

※あくまでも筆者の体験談です。少しでも参考になれば幸いです。

スマホをやめたいと思ったきっかけ

冒頭にも記載しましたが、スマホを辞めたいと思ったきっかけは「スマホ疲れ」が原因です。

何事も程々に楽しめば良いのですが、いつしか一瞬でもスマホを失うと不安になってしまう位になってしまいました。

当時はこんな感じ。

  • 朝はスマホアプリのイベント発生時間に合わせ起床
  • 各週に更新される漫画を読み始める
  • SNSを1日の間にちょこちょこちょこちょこ更新
  • 食事のレシピを検索・実践
  • まとめサイトサーフィン
  • 動画・生配信(ライブ)徘徊
  • その日の天気・占い・夢占いチェック
  • テレビ見ながら出演中の人をググる

(改めて書き出すと酷いな…)

ほんっとこれ。
中でもやっかいだったのが、スマホアプリとTwitter・生ライブでしたね。

スマホアプリって面白い。

そのアプリ仲間がTwitterで出来ると楽しくて辞められないんですよねぇ。

生ライブも同様、実際に人と会っている訳ではないのですがインターネットを通して仲良くなれちゃう。

すると、あの人からメッセージ来たかな?最近あの人Twitterしていないけどどうしたのだろう…とますますスマホから手が離せなくなります。
結局人恋しかったのかな?
Twitterお知らせ

SNSでのコミュニケーションは確かに楽しいんですが、ある時感じたのが「スマホ疲れた」という事。
夜寝る前にスマホをいじっていると必然的に睡眠時間も減るし目も肩も疲れてくる。

これは流石にまずい…と思いスマホを使う頻度を減らす作戦を練りました。

スマホをやめるには?

筆者がスマホを辞める方法として一番はじめに考えたのは、スマホを使っている今時間で何が出来るのか?という事でした。
順を追って筆者がスマホを辞める(いい距離で付き合う)までをまとめました。

スマホを使っている時間で何が出来る?と考える

例えば毎日2.3時間はやっていたスマホアプリ。
この時間で出来る事といえばショッピングや習い事、運動、映画鑑賞。
ちょっと凝った料理や読書…。

誰にも邪魔されない自分の時間を持ちたい!と思った訳です。

具体的にどうやってスマホ時間を減らすの?

邪魔されないで自分の好きな時間を自分の為に使う為にはどうすれば良いのだろう…?と思い次に行ったのが下記の方法。

  • 通知をOFF
  • SNS等のアプリ削除
  • 趣味に打ち込む
  • 新しい事に挑戦

何か新着情報があると知らせてくる「通知機能」。
手始めにこの通知機能をOFFにしましょう。
アプリ・SNSを削除は結構極端な話なので徐々にプレイ時間を減らしていくのがいいかと思います。(筆者も未だに削除できないアプリがある)

今までのスマホを使う習慣をいきなり変えろと言われてもそれは中々至難の業。
そこで自分の趣味に打ち込む、もしくは新しい事を始めるのは如何でしょう?

筆者の場合は趣味がなかった為にどうしたかと言うと地元の本屋さんを徘徊しました。

様々な種類の本が置いてある書店をウロウロしていると自分の興味あるものが不思議と分かってくるんです。
筆者はこの方法で自分の好きなもの、事を発見しスマホ使用時間がぐっと減少しました。

夜・寝る前のスマホをやめたい

夜寝る前のスマホ。いじりたくなりますよね。
しかし、寝る前のスマホは睡眠の妨げになります。

そこでやってみたのは、就寝前は本を読みあさる習慣。
本の種類は問わないです。ただ、ひたすら目の前にある本を熟読するだけ。

他には、日記をつけたり出来る方はイラストや漫画、小説なんて書くのも良いと思います。

筆者の場合は毎晩寝る前に読書を30分位すると眠くなってきます。
もちろん、この時はスマホの通知はOFFにしています。

雑誌、漫画、小説、新聞…ひたすら活字を集中して読む。
毎日の習慣に是非。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スマホの使用頻度を減らしてみた結果

毎日の生活をほぼスマホに費やしてきた筆者。

もちろんそれが悪いとは思いません。しかし自分の場合はスマホ疲れを発祥(?)していまったので今回の様にスマホの使用時間を減らす作戦を実行しました。
現在はその方法で1ヶ月が経過しましたが変化した事を少しですが記述していきます。

目先のものに集中出来る様になった

例えば以前、テレビ鑑賞している時少しでも気になるとググり、テレビの内容を覚えていないなんて事は多々ありました。

テレビをつけているのにスマホがないと落ち着かない。更にいうとネット&テレビ両方見ている事になるので両方共中途半端になっていました。
(人によっては同時にしっかり理解出来ている方もいるようです。すごいなぁ…)

しかしスマホの時間を減らす生活をしていると目先のものに集中出来る様になりました
元々筆者の集中力ないのが問題だと思いますがこの事は一番感じました。

謎のストレスから開放された

スマホの謎のストレス…結構多かったです。
例えば、SNS。コメントを貰ったからお返事をしなきゃという謎の使命感。
友人のリア充投稿写真。(羨ましすぎる感じのやつ)

アプリゲームでいうと、毎回毎回当たらないレアキャラやアイテム、強いキャラクター。
お陰でストーリーが全然進まないし、ガチャとかガシャとかで毎回毎回期待をしてウンザリ。
しかも、連続ログイン報酬というものがあり、1日1回ログインしないといけないという強迫観念がありました。

ざ1日ログインするのを辞めてみると、めっちゃスッキリした自分がいました。
ログインを辞めた当日は「今まで連続ログインして積み上げていたものが…」なんて思っていましたが連続ログインが途絶えた瞬間、諦めがついたのか「まぁ仕方ないね」となりました。

毎日ログイン、SNSでの使命感がなくなると謎のストレスから開放。
こりゃスッキリしたわい。

自分で考える様になった

これはあくまで筆者が変わっているからだと思いますが、元々趣味である一人旅の時に「スマホを使わない」という目標を立てました。

実はスマホを使わなくても十分旅って出来ると気づきました。

どの電車に乗るか迷った時は社内や駅構内にある路線案内を見ればいいし、人に聞く事だって出来る。
本屋さんにいけばその土地のおすすめスポットが掲載されてる本も売っているし観光案内所で無料配布されている案内もある。

ハプニングがあった時も自分で考えればなんとかなる。

そんな事を繰り返しているうちに、スマホなくてもいけるじゃん。と思える様になりました。

一人旅でスマホ使用禁止、これスマホをやめるには結構効果あるかもしれませんね。

まとめ

今回は実際に試したスマホといい距離を保つ方法について紹介をしていきました。
スマホは本当に便利・コミュニケーションツールだと思うので、いい距離を保って付き合っていきたいもの。
スマホ疲れした方には是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-独り言(日記)
-,

執筆者:

関連記事

読書の習慣をつける!メリット(利点)・目標で本を読むモチベーションをあげる!

ふと思った。 学生時代に「本を読みましょう!」と言われそこそこ読んでいた本。 社会人になって「社会人は本を呼ぶべき」と上司に言われてやはりそこそこ読んでいた本。 あれから何年たっただろう。 最近、本読 …

一人称「オイラ」をメールで使う60代女性の心理について知りたい

普段は普通の言葉使いでお話をする60代女性。 数日前連絡先を交換し、メールをする事になったのですがあれ?なんか変?? 「オイラも今日は忙しいでやんす!また明日お話したいでやす(顔文字)」 オ、オイラ? …

メリークリスマスと近況報告

皆さんこんにちは! 今日はクリスマスですね! メリクリ~\(^o^)/ 当ブログも2月から放置していたのですが、どうやら現在も twitterでコメント・ツイート、そしてコメントまで頂いているようで …

ペット用シーツ薄型

家族と喧嘩勃発!気まずい状況から仲直りする方法やきっかけは?

いい年こいたアラサーです。 こんにちは。さっき、本当にさっきなんですが家族と大喧嘩をしちゃいました。 誰かと一緒に住むというのは、やはりぶつかったりもするものです。 しかし、朝になれば顔を合わせなけれ …

老犬が歩けない・餌を食べない状態になった

うちの愛犬(18歳) 10歳の時からてんかん(癲癇)発症してもう駄目だなと思っていたけど、それから8年もたったな。 そんな愛犬がついに歩けなくなり、餌を食べなくなった。 結構Googleのサジェストで …

スポンサーリンク


このブログの人

ひつじ 朝野マキ(あさのまき)です。 転職多め、旅行好きのアラサー。 いい大人の雑記。

サイト内検索

人気の投稿ページ