WEB関係

!DOCTYPE htmlとは?読み方や意味・使い方【HTML】

投稿日:

サイトをいじっていると必ず出てくる!DOCTYPE html。今回はこれについての備忘録。

!DOCTYPE htmlとは?

!DOCTYPE htmlとは、HTMLの文章の一番上に記載されています。こちらは、明確にはタグではなく「DOCTYPE宣言」「文章型宣言」と呼ばれています。作るサイトがHTMLのどのバージョンによって作成されたかを宣言するためのものです。(バージョンを指定)
現在はHYML5が主流なのでHTMLを作る際に!DOCTYPE htmlを記載します。

!DOCTYPE html読み方

!DOCTYPE htmlの読み方です。!DOCTYPEは「ドックタイプ」と読みます。
Document Type Definitionの略です。

!DOCTYPE htmlの使い方

!DOCTYPE htmlの使い方を紹介していきます。HTMLの上に書くだけでOK。

<!DOCTYPE html>
<html lang=”jp”>
<head>
    <meta charset=”UTF-8″>
    <meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1.0″>
    <title>Document</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

 

イメージとしては今からHTML5で文章書くからな!!!という宣言。

まとめ

HTML5から勉強始めてよかった…前のバージョンだと色々大変そう。。。機会があったらHTML以前の勉強もしよう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-WEB関係
-,

執筆者:

このブログの人

ひつじ 朝野薪(あさのまき)です。 転職多め、旅行好きのアラサー。 いい大人の雑記。

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。